山葵


今日は日本料理に欠かせない山葵について。コロナ禍のせいで飲食店やホテル、旅館が大変苦戦してますが、風が吹けば桶屋の例えか高級食材の需要が減少の一途だそうです。確かに市場や業務用小売店で営業食材を安くお願いされる事が多くなりました。今日もある八百屋さんで本山葵を10キロ程お願いされました。通常1本100グラム(15人前くらい)で1500円くらいしますが。
これほどは使い切れませんのでもったいないけど、わさび漬でも作ろうと思います。
さて本題は、かなり前のことですがあるお蕎麦やさんでざるそばをお願いしたところ、山葵は有料と書いてあり、さすがだなと思った事がありました。隣のお客様がご主人にかなり文句を言ってたことを思い出します。山葵はただのものと思いがちですが、原価は100円以上かかります。私も注文しましたが、確か100円だったと思います。良心的だなと思った記憶があります。山葵ってちょっとした刺し身の一切れくらいの値段がします。
さてみなさんはどう思いますか?日本の文化であるお茶、お水、おしぼり、普通のお店では商品価格には乗せてません。この辺りがこれからは、難しくなっいていくのかなと思います。以前有名イタリアンで、お水(ミネラル)を500円とられたと騒がれましたが、これも少し考えさせられる一件でした。

花穂紫蘇


久し振りの投稿です。コロナ禍の中もう暫くは前を向いていこうと思います。
今日は添え物 (つま、薬味、)についてです。
日本料理の一つにお刺身がありますが、そこに良く添えられてあるわさび、大葉、大根、花穂紫蘇などがありますが、今日は花穂の食べ方について。
大方の人は残す(無視)次にお箸や手でしごいて醤油に散らすか、刺身に散らすかです。正解とか決まりとかではありませんが、私達和食に育った人間は
お刺し身を食べる前に、まず花穂をそのまま口に運びます。柔らかい紫蘇の香りが口の中に爽やかに広がります。お刺し身は何も味付けもせず醤油や塩のみでいただきますが、この花穂の一口で口の中が一言で言うとニュートラルになり、お刺身の味がとてもわかりやすく旨味を堪能しやすくなる気がします。
もう一つは、1本30円近くするので残ってくるとも悲しくなることもあります。一度お試しになられることをお勧めします。
次回は山葵についてお話ししたいと思います。

PageTop