木の芽と土筆


今日は山椒の若芽を摘みに行って来ました。まだ市場では非常に高価で手が出ません。筍などに使いたいのですが。湯津上の農家さんに芽生えたと聞きお邪魔しました。中央にあるのが花山椒です。これはもっと高価です。この若芽、四季により料理の世界では呼び名が変わります。春は『木ノ芽』夏は『香り葉』秋から冬は『山椒』と呼ばれます。献立上の言葉ですが、季節をよく表してると思います。
すぐそばに土筆が群生してました。これも日本料理ではお浸しとか、天盛りとかによく使いますが、僕は使いません、あまり美味しくないから、、、笑。帰りに農家さんから春大根をいただきました。サラダにして食べても美味しいですよ。

PageTop